本文へ移動

ブログ

ここでは、施設の出来事(主にイベントなど)について更新していきます。頑張って更新していきますので、たまに覗いてくださいね。

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

勤労感謝祭 2022 (R4.11.15)

2022-11-16
円形での模擬演奏を楽しみました。
作文発表は、緊張します。
チケット制「好きなメニューをどうぞ!」
フィナーレは、ゴールデン中台ボンバー4人組!!
10月に入所利用者全員が新型コロナウイルスに感染し、行事等から遠ざかっていました。11月はコロナの第8波が全国的に始まってきている状況でしたが、利用者さんと職員さんのみで勤労感謝祭を執り行いました。緊張する場面やハッスルする場面、美味しいものを頬張る場面等を久しぶりに見た感じです。
パン作業班の渡辺さんからは「どう?おいしい?」と、あんこバーガーとお肉バーガーの味の感想を聞かれました。「これは誰がつくったの? とても美味しい!」と答えると、「僕たちパン作業班が作りました」と満面の笑み。勤労感謝祭にふさわしいメニューのひとつとなりました。これからも、美味しいパンやクッキーを作ってください。応援しています。フィナーレの歌と踊りでは、昨年のクリスマス以来の「ゴールデン中台ボンバー」が結成され、ロック調の賑やかな音楽で盛り上げてくれました。

地域住民説明会 (R4.9.24)

2022-09-26
挨拶をする千葉園長
午後1時半から午後2時半にかけ、「中台育心園の新築移転を伴う老朽施設整備事業計画(案)」についての地域住民説明会を鹿嶋市立はまなすまちづくりセンターにおいて実施しました。棚木地区・角折地区等の住民の皆様(13名)と関係機関等の皆様(9名)のご出席をいただきました。最初に、事務局千葉園長から理事長の体調不良による欠席報告及びご挨拶を申し上げ、次に立会いをお願いした鹿嶋市生活福祉課長藤松様からご挨拶を頂戴いたしました。説明会の内容は、①「中台育心園の事業について」、②「地域交流と施設利用者の社会参加について」のスライドでの紹介・説明と、③「中台育心園の新築移転先と工期予定について(中台育心園老朽施設整備事業計画案)」が読み上げられ、質疑応答に入りました。主な質問は、「県道沿いにおける交通安全対策について」、「上・下水道について」の内容でした。皆様からの貴重なご意見等、ありがとうございました。

<祝> 敬老会 (R4.9.20)

2022-09-21
四季亭の豪華な祝膳(ケーキを除く) 
75才以上の利用者が敬老会の対象です。
手作りのお祝いカードを受け取る、最高齢の村田さん(89歳)<右側>
鹿嶋市の敬老会対象者が、当園では7名います。村田さん(89歳)を筆頭に、小野木さん(86歳)、大谷さん(82歳)、辻さん(81歳)、吉成さん(81歳)、矢代さん(76歳)、藤沼さん(76歳)です。今年の祝膳は、鹿嶋市から贈られた2,000円で、四季亭の祝膳を取り寄せました。星谷支援員さんの嗅覚が見事大当たり! 小野木さんは全部平らげ、その他の方も半分以上はお腹の中へ。皆さんの食欲にはビックリしました。 残念なのは、大谷さんが入院していること。早く、元気になって美味しいものを食べてくださいね。

少し我慢してね (R4.8.22)

2022-08-22
「少しがまんしてね」
8月11日、女性利用者さん1名が、新型コロナウイルスに感染しました。園内感染が終息した8月23日までの間は、大きく3つのグループに分かれ日課を過ごし、園舎内は自由に行き来できない生活でした。利用者の皆さんも精神的なストレスがあったことと思います。職員さんの早期発見と対応で、感染拡大を一人だけに抑えることができたのは本当に奇跡的でした。また、この間の抗原検査は、一人3回から4回。最初は、不安から拒否する利用者さんが数名いましたが、もうだいぶ慣れてきたようです。皆さん、よくがんばりましたね。

梵天会食でリフレッシュ! (R4.7.21)

2022-07-21
新型コロナウイルス第7波が身近に感じられる中、パン工房梵天を貸切って、利用者さんの梵天会食が再開されました。コロナ禍で、行事が全くできないことから、少しでもリフレッシュしてもらいたいとの支援員さん達の思いからです。月1回、4人~5人の希望参加となります。メニューは、毎回違うとのこと。順番が待ち遠しいですね~。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る