本文へ移動

ブログ

ここでは、施設の出来事(主にイベントなど)について更新していきます。頑張って更新していきますので、たまに覗いてくださいね。

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

家族ふれあい会 (H25,3,10)

2013-03-10
毎年恒例の家族ふれあい会が、平成25年3月10日(日)中台育心園大ホールにて盛大に行われました。今回は、18家族27名のご家族の皆さんが参加して 下さり、すごろくゲームやカラオケ、会場全体での模擬演奏、職員の「あたりまえ体操」で楽しいひと時を過ごしました。メニューは、「春」を題材とした2色 散らし寿司、菜の花の湯葉和え、お刺身、揚げシュウマイの野菜あんかけ、卵焼きにほうれん草とニンジンが入った千草焼、春雨サラダ、三色つみれ汁、手作り さくらまんじゅうとイチゴのスィーツでした。思い出のスライドショーも懐かしく見ていましたが、幸也さんは隣席の人のさくらまんじゅうばかり気にしていた ようです。
 
【写真左上】すごろくゲームでトップを走っていた芳野さん。スライド投法もゴール寸前で振り出しの結果に。ん~残念でした。また、チャレンジして下さいね。
【写真右上】ご家族の前で、模擬演奏を披露しました。施設を利用して1~2年の玉川さん、宮渕さん、福栄さんは、音を鳴らすポイントを覚え、上 手に演奏することができました。また、通院リハビリに専念していた緒形さん(前列中央)も東京から遊びに来てくれ、久しぶりに皆と演奏を楽しみました。

ハートフリー❤マーケット(H25,2,16~17)

2013-02-16
平成25年2月16日~17日、鹿嶋市内のショッピングセンターチェリオ1階中央通路において、第2回障がい者就労支援事業所等合同販売会「ハートフリー ❤マーケット」が催され、当園も初日に梵天パンの販売と喫茶のお手伝いを行いました。言葉の活動が苦手でも、優しい笑顔で注文をとったり、「ありがとうご ざいました」の明るい挨拶ができたことで、お客さんから好評だったようです。10時の開店でしたが、1時間後には、梵天パン約300個が完売し、飯島さん、福井さんは大喜びでした。
 
袋詰めに大忙しの飯島さん(手前左)に完売した感想を聞くと、「うれしかったです」とにこやかに応えてれました。ご苦労様でした。

災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定調印式

2013-01-31
平成25年1月31日、鹿嶋市役所において、鹿嶋市が市内の8つの社会福祉法人と「災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を結びました。 写真は、内田鹿嶋市長と千葉理事長(左)が協定書を交わした一コマです。一昨年の東日本大震災の教訓を顧みながら、災害発生時における被災者の一時的な受 け入れを積極的に行うことになります。具体的な詳細は、これから策定することになりますが、最近、茨城北部や北海道で震度5弱の報道がありましたので、当 園の機能訓練棟、地域交流室を先ずは開放したいと考えています。

鬼の面勢ぞろい! (H25,1,23)

2013-01-23
節分の鬼の面が多目的ホールに飾られました。利用者の皆さんが描いた鬼は、皆やさしい顔で色とりどり。TVのスーパーヒーローが鬼だったり、自画像に角を つけたりとユニークな作品が総計47点。中には1人で3作品を手がけた人も。今年のユーモア賞は誰の手にいくのでしょう?  (右)は飯塚秀男さんの鬼で す。鬼の怖さをドクロで表現し、独自の技法の「点」で鮮やかに描いた作品です。

新年会2013  (H25,1,8)

2013-01-08
年男年女4人の利用者に今年の抱負を聞いてみました。「お仕事がんばります」(島村さん24歳)、「パンづくりがんばります」(飯島さん36歳)、「病気 を治したいです」(野原さん60歳)、「健康に毎日を過ごしたいです」(辻さん72歳)。それぞれ年代に応じた抱負を語ってくれました。
 
「梅干しパンを食べた人は誰?! 」 このゲームは難問でした。ジャムパンの中にひとつだけ練り梅干しパンが入っていたのですが、食べた皆さん全員が「おいしかった」と満面の笑み。年女である飯島さん(中央)の演技は、まさに蛇の力が宿っているようでした。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る